東京から1時間-足利・名草の自然の中で遊んで、学んで、感動しよう!--足利・名草ふるさと自然塾

あしかが・名草ふるさと塾
都心から1時間・里山と清流の里・あしかが名草で自然と遊ぼう!
足利・名草ふるさと塾-運営協議会について
足利・名草ふるさと自然塾トップへ

運営協議会について

 足利・名草ふるさと自然塾は行政と地域住民の協働によって運営しています。運営は、地元のNPO法人「名草里山の会」のメンバーを中心に、社会福祉協議会、行政などが協力し、それぞれの得意分野を活かして、自然塾の事業を実施しています。

 協議会は平成17年度に「足利・名草ふるさと自然塾運営協議会準備会」としてスタートしました。その後の2ヵ年で体験プログラムの整備・拡充を図り、平成20年度から「足利・名草ふるさと自然塾運営協議会」として活動を行っています。
また、平成20年度から拠点施設「(仮称)体験の家」の整備も行っていきます。

体験プログラムの充実も含めて、ますます魅力ある「足利・名草ふるさと自然塾」にするために、今後も努力していきますので、皆様の応援よろしくお願いいたします。



教育ファームとは?
 教育ファームは、生産者(農林漁業者)の指導を受けながら、作物を育てるところから食べるところまで、一貫した「本物体験」の機会を提供する取り組みです。 体験を通して自然の力やそれを生かす生産者の知恵と工夫を学び、生産者の苦労を学び、生産者の苦労や喜び、食べ物の大切さを実感をもって知ることが目的です。(「教育ファームねっと」より抜粋)

 足利・名草ふるさと自然塾は農林水産省 平成21年度にっぽん食育推進事業「教育ファーム推進事業」の協力団体として、教育ファームに取り組みます。

                     ↓↓<対象事業>↓↓

美しい名草の里山に抱かれた風景の中で、里山の自然を理解し、日頃食べている米がどのように作られるかを理解するとともに、地域の方々とのふれあい活動を行なうこと目的とした体験プログラム。
・21年度実施内容(予定)
 6月14日(日) 田植え
 7月19日(日) 田んぼの観察会
10月18日(日) 稲刈り
12月20日(日) しめ縄作りと餅つき

 美しい名草の里山に抱かれた風景の中で、里山の自然を理解し、日本の食卓に欠かすことのできない「大豆」がどのように作られるかを理解します。大豆の栽培を種から行い、豆腐作りの体験、収穫を行い、さらに家庭で味噌作りをしている方のご指導で「手前味噌」を作ります。
・21年度実施内容(予定)
 7月 5日(日) 種まきと豆腐作り
10月25日(日) 収穫
 1月31日(日) 味噌作り

美しい里山の自然に抱かれた風景の中で、「そば」がどのように作られるかを理解するとともに、ふるさとの味であるそば打ちの技術を伝承します。名草地区で活躍しているそば愛好会の皆様のご指導により、そばを種まきから行い、最後は採れた新そばを使って自分でそばを打ちます。
・21年度実施内容(予定)
 8月 9日(日) 種まきと川の観察会
 9月 7日(日) 畝たてと間引き
10月25日(日) 収穫
12月 6日(日) 新そばでそば打ち
足利・名草ふるさと自然塾運営協議会/〒326-0001足利市名草上町3371(名草ふるさと交流館)
電話0284-41-9687  メール info@ashikaga-nagusafs.com
 当ホームページの画像や図版の無断転載を固くお断りいたします。